pachinkoten

加盟店調査 遊技機総設置台数が400万台割れ


f1_01

全日遊連(阿部恭久理事長)はこのほど、「組合加盟店舗の実態調査」における

最新版の調査結果を発表した。

資料によると、8月末時点での全日遊連加盟パチンコホールの営業店舗数は

7月末より28店舗少ない9,393店舗(前年同月比381店舗減)。

また、新規店舗数は6店舗(同比2店舗増)、廃業店舗数は38店舗(同比3店舗減)

休業店舗数は103店舗(同比11店舗減、8月中に休業した店舗は15店舗)となった。


遊技機の設置台数を見ていくと、パチンコが前月比4,759台減の244万8,594台

(前年同月比72,003台減)、パチスロが同比867台減の154万7,035台(同比4,758台減)、

その他の遊技機が同比増減無しの37台(同比66台減)。

これにより遊技機総設置台数は400万台を割り込み、

399万5,666台(同比76,827台減)となった。


tenposu



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1812229467799285"
data-ad-slot="2388696442">


管理人:どりあん

ガチで業界全体が終わり始めていますね
これで最後の花火と客から回収体勢に入らなければ良いのですが